column
コラム

バースライト研修記①

2016/11/16 / ティーチャートレーニング

 

バースライトのベビーヨーガレベル1(3日間)、マタニティヨーガレベル1(4日間)を受講したのが2011年3月でした。講師はサリー先生。

 
開催場所はオーストラリア・シドニーのヨガスタジオ。近くにホームステイして10日間の滞在。日本人は私だけでしたが、私がそれまで思い描いていたヨーガ観を共有できる人たちが世界にいることが分かり心からわくわくしました。

 ベビーヨーガコースではモデルドールでの練習に加えて、スタジオには赤ちゃん連れのママたちが招かれ、サリー先生のベビーヨーガクラスを見学でき、最終日には実際の赤ちゃんたちに指導しなければなりませんでした。私の担当は「ベビーロールを安全に指導すること」。緊張しましたが準備時間もあり、クラスメイトと話し合いながらレッスンプランを立てることが出来ました。私のつたない英語での指導に、オーストラリアのママたちは協力的でした。

 マタニティヨーガコースには、オーストラリアで既に産前産後ヨーガを指導しているインストラクターや助産師も参加しており、よりプロフェッショナルでした。妊婦さんも二人参加していました。内容の専門性もさることながら受講者同士の情報共有や議論は刺激的で、オーストラリア(西洋)女性の、「性」「出産」に対する意識の高さに私は圧倒されてしまいました。オーストラリアの女性たちは、女性であることを喜び、女性であることにオープンでした。妊娠・出産について好奇心を持ち、自分たちの性について責任を持って学ぼうとしていました。私は、産前産後の女性にヨーガを指導する一人としてもっと精進しなければと思いました。