マタニティーヨーガ
妊娠中の「むくみ」について

Rumi


妊娠中、どんどん大きくなるお腹。
喜びや待ち遠しさも、だんだん大きく。
そして、身体の変化に戸惑うことも

たくさんあります。冷えてくる時期、
「むくみ」に悩まされている妊婦さん
たくさんいらっしゃると思います。

妊娠中の手足のむくみは、

産婦人科の定期検診で
赤ちゃんやお母さんの健康に危険が

及ぶ場合は、ドクターにしっかり
モニターされています。ほとんどの場合
生理的なもので問題はありません。

妊娠中のむくみの

メカニズムについて考えてみると
♡妊娠したからだが、赤ちゃんを

 育てるためにからだの水分量を増やす。
♡20週後半には羊水、
血液など
 体内の水分量が1.5倍に増える
♡細胞内と,細胞外の水分量の
 バランスが取れているとむくみを
 感じないが、水分量が増える
 妊婦さんは細胞外の水分が多くなり、
 むくみを感じやすい
♡大きくなった子宮が骨盤の静脈を

 圧迫するので、下半身からの血流や
 リンパの流れが悪くなり、
 むくみが生じやす
♡妊娠中に一番むくみやすいのは足。

 血液が末端までうまく巡らないと、
 手がむくむこともある

✏️日常生活で気をつけたいことは
♡塩分を控え,冷たい飲食物をとらない
♡ゆったりとした服を着る
♡お風呂で身体を温める
♡首・お腹・足首を冷やさない
♡適度な運動

マタニティヨーガのクラスでは「むくみ」について、つらい症状ではあるけど「妊娠した身体は、水分量を増やして赤ちゃんを守っている」と考えて、変化した身体をいたわります。妊娠中、辛い症状はたくさん出るけれど、これを機会に自分の身体をケアする意識を育てよう。これも,マタニティヨーガの目的であると思っています。

マタニティヨーガでは、深い呼吸を身につけ骨盤を安全に動かし、下半身を気持ちよくストレッチします。足を高くして休む方法や、かんたんなマッサージもお伝えしています。

 
いずれも、赤ちゃんのためのWomb Ecology(子宮の環境)を整えてあげるポーズや動きですが、結果としてお母さんの血流やリンパの流れをうながし、むくみのつらさも軽減できることに繋がっているようです。

お母さんの快適さ、安心感は、そのまま赤ちゃんの育ちを応援する心の
「栄養」になります。マタニティヨーガは、妊婦さんがおひとりおひとりのマタニティライフの中に、自分らしい「快適さ」「安心感」を育てる時間。

さあ、すでにお腹の中での

子育てが始まりました。

「ひとり」ではない、
「ふたり」のいのちを

囲んでいる身体。

これまでと違った、身体の整え方、
自分なりの生活の整え方が見つかると良いですね!